2019年01月09日

2019

今年初めての記事になります。
去年末から、今年は色々と勝負の年になると感じていました。
個人的には小学生から一度として欠かした事がなかった年賀状を描けなかった事が残念でなりません。
10年前に比べてネットで新年の挨拶が増えた事もあり、年賀状を送っても年賀状を返してくれる人がかなり減った事もモチベーションが下がった理由だったし、お金もかかる。
ただ、新年の挨拶を紙に残して相手に送る行為はとても必要だと考えている。
それは縁に感謝する気持ちが尊いからです。
もちろん、私から年賀状も送らない時もあります。
縁は感謝しても新年に相手から縁がなくなっていく時です。
私はその後は年賀状を送る事をやめますが、また縁があれば送る事をします。
縁が切れるとやはり残念な気持ちになるので一度気持ちを整理したいので年賀状を送る行為をやめてしまうのです。
多分、送られる側も寂しい気持ちになると思うので、その寂しい気持ちが縁が薄れていくという実感を共有して欲しいし、出来るならまた縁を互いに感謝出来る関係になれたらと願っています。
兎にも角にも、年賀状は多忙で出せなかった場合にも寒中お見舞いがあるので、今年は年賀状を送ってくれた人には送ろうと考えています。
年賀状は古いしきたりになってきていますが、相手とのこれからの縁を考えるなら気持ちとして送った方が良いとやはり思うのです。
通常、年をとると年々年賀状は減っていきます。
縁は異なもの味なもの。
あなたは感謝の気持ちや、これからの縁を大切にするアナログな行為をどう考えますか?

新年、明けましておめでとうございます。
今年はどんな年にしたいですか?

posted by くま at 09:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: